Googleのパンダ・アップデート

Googleは2011年2月24日にパンダ・アップデートを実施したことを発表しました。今回は日本語、中国語、韓国語圏以外のサイトにおいて実施されており、検索結果順位は大きな変動が続いています。

※パンダ・アップデートとは、検索アルゴリズムの大幅な改良によって、検索結果の品質を向上させるために行われます。Googleは今回の変更の目的について、質の低いサイトの検索順位を下げるためのものと説明しています。

パンダ・アップデートの目的は、各Webサイトにより多くのオリジナルコンテンツを公開させることで、各Webサイトのユニーク性を持たせ、ユーザーが求める情報をより分かりやすく取得できるようにするためであると考えられています。したがって「他者のコンテンツをコピーし、あたかも自分のコンテンツとして成り立たせているサイト」には、オリジナルコンテンツを持つという根本的なコンテンツへの改善が必要となります。

今後、日本語サイトへの同様のパンダ・アップデートの適用が想定されるため、サイト運営者は対策を講じる必要があります。今一度、あなたのサイトのコンテンツを見なおしてユーザーに有益でオリジナルなコンテンツを提供できているか確認してみましょう。