2011年最新SEO対策 – Yahooの検索順位が落ちているサイトとは(その1)

YahooがGoogleエンジンを採用してから、検索順位が大きく落ちたサイトが見受けられます。弊社のお客様からもそのような現状をお聞きしています。

では、なぜ検索順位が落ちたのかそのサイトの共通点を探し出してみました。大きく分けて4つの共通点が分かってきました。

1.サイトの運用歴が2年未満のサイト

まず一つ目に、サイトの運用歴が短いサイト(サイト開設2年未満)があります。

Googleは古いサイトを高く評価する傾向があり、比較的新しいサイトはGoogle対策に不利な状態になっています。グーグルは、ドメイン名の運用歴やドメイン名の登録期間など、時間の情報を利用して検索品質を高める特許を取得していますから、その影響があるのかもしれません。

では、どうすれば良いかというと、ひとつの解決策として古いサイトの全ページからリンクすればその不利な状況がかなり解消されます。もし、以前から運営する古いサイトがあれば、そのサイトから新しいサイトへリンクしましょう。

2.被リンク対策がリンク広告に頼っている

Googleは基本的にリンク広告に関して、厳しい姿勢を見せています。公式に単純なテキストリンクの固まりからのリンクは評価しないと発表しています。

Google が有料リンクを信頼しない理由
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2010/12/google.html

テキストリンク、テキスト広告を有料で提供する業者があります。まだ若干の効果はあるといえ、将来的なことを考えると不要なテキストリンクは避けるべきでしょう。