2011年最新SEO対策 – Google対策にはアンカーテキストマッチ

Google対策の決め手のひとつはアンカーテキストマッチ

2011年のSEO対策はGoogle対策を施す必要があります。すでにお話ししたように、Google対策には内部要因も大切ですが、外部要素が重要な要素になってきます。

Googleの外部要素の評価ポイントの主だったものは以下の要素になります。

  • アンカーテキストマッチ
  • 被リンク数
  • ページランクの高いサイトからの被リンク
  • 関連性のあるサイトからの被リンク
  • 記事の中のキーワードからのリンク
  • 分散されたIPアドレスからの被リンク
  • 継続的に被リンクが増加する
  • ドメインエイジ(運用されて長いサイト)からの被リンク
  • 公共機関などのオーソリティサイトから被リンク
  • 下層ページにも被リンクがあること

アンカーテキストマッチとは、キーワードが入ったテキストからリンクされることです。アンカーテキストマッチにすることで、他のサイトから、キーワード入りテキストでリンクされると、リンクされたページのキーワードのSEOスコアが増幅され、順位アップにつながります。

【アンカーテキストマッチの実例】

例えば、Googleで「18歳未満」と検索してみます。




なぜか、「Yahoo JAPAN」がトップに表示されます。

「Yahoo JAPAN」のトップページには「18歳未満」のテキストはありませんし、内容も18歳未満のことだけが書かれているのではありません。

これは、日本国内の多くのアダルトサイトがトップページに年齢認証を設けており、「18歳未満」だとそのキーワードからYahooにリンクを張っているからと推測されています。

アダルトサイトのトップページにあるアンカーテキストはこのような形になっています。
<a href="http://www.yahoo.co.jp/">18歳未満</a>

たくさんのサイトが「18歳未満」のテキストにYahoo! JAPANのトップページへのリンク貼っているのです。このため、Yahoo! JAPANのトップページは、「18歳未満」のキーワードを貯め込まれるので、Googleでのキーワード検索で上位表示されることになっています。このことから、Google対策のひとつにはアンカーテキストマッチが重要な要素になります。

アンカーテキストマッチの効果的な方法

1)リンク先のキーワードを盛り込んだテキストでリンクする
まずは自社サイト内での効果的なアンカーテキストマッチの方法を取り入れてください。
例えば「SEO対策」に関するページにリンクを貼るのならばAのような形でなく、
B、Cのように「SEO対策」をリンクに含めると効果的になります

A) SEO対策の詳細はこちら
B) SEO対策の詳細はこちら
C) SEO対策の詳細はこちら